粗大ごみで相場よりも安い業者には注意を

img-1

粗大ごみでは、最低限必要な経費というものがあります。人件費やゴミの処分費などです。


それに加えて業者の利益が上乗せされます。
そのため、あまりに安い業者というのは注意が必要です。

例えばゴミを不法投棄して本来かかるはずのゴミの処分費を節約しているケースがあるからです。


粗大ごみの処分業者を営むためには、都道府県などから営業許可をもらう必要があります。

しかし、粗大ごみの処分業者の中には、許可を受けていない違法な業者が多く存在するのが実情です。
違法な業者を利用してしまった場合、ゴミを不法投棄されて、依頼した人までが罪に問われるという可能性もあります。

また、大量の粗大ごみをトラックに積んだ後で、高額な追加料金を請求されるというケースもあります。

料金を払わなければ大量のゴミを家の前に放置すると脅されて、仕方なく料金を支払ってしまう人も多いです。粗大ごみの処分を依頼する時には、まずは役所で処分をしてもらえないかを検討しましょう。役所に依頼をする場合、料金は安くなりますが、指定の場所まで自分で運ばなければなりません。

民間の業者に依頼をする場合には、必ず営業許可を受けた正規の業者であることを確認しましょう。また、相場よりも料金が安いところにも注意が必要です。
違法業者は料金が安いことをウリにしていることが多いからです。

料金が安いからという理由で違法業者に依頼をしてしまって、高額な追加料金をとられたり、ゴミを道端や山などに不法投棄されて罪に問われてしまったら、かえって高くついてしまいます。

















関連リンク

img-2
ナレーション活用事例集

ナレーションは、テレビやラジオ番組やコマーシャルにだけ使われているものではありません。インターネットを通じてナレーションの仕事を気軽に頼めるようになったため、以前には想像もつかなかったようなところで、声のプロフェッショナルたちがレコーディングしたナレーションが大活躍しています。...

more
img-2
ナレーションで生きていくために

色んな所で、声を出して行う仕事は沢山あります。無数にありますし、状況、場面によって声は重要な役割を担っている事が今の地位向上という仕事無数に出てきたという事実が物語っています。...

more
top